上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の続きです。

用意した紙粘土(ファンド等)の像に、サーフェイサーを吹きます。
サーフェイサーはこれまた模型用のものを使用。
参考にしたのが模型製作の本なので仕方ありません(^^;
Mr.ホビー サーフェイサー Mr.サーフェイサー500 ビン入り 40ml SF285
白の状態の時とは違い、荒い部分がわかります。

DSC_4439.jpg

なので再びヤスリでゴシゴシ…
そうすると凸凹の凹にだけ灰色が残りました。

DSC_4443.jpg

もう一度サーフェイサーを吹いて、これを何度か繰り返しました。

DSC_4452.jpg

いいかな、と思ったところで今度は油粘土の上に置きます。

DSC_4456.jpg

土手を作って油粘土をさらに敷き詰めて隙間をなくしました。
また、レジンを流すための道と、通気口を入れます。
通気口がないと、レジンを流した時に空気の逃げ道がなくて空気の穴が出来ちゃいます。

DSC_4460.jpg

「かたとって」という商品を流しいれました。
これは初めて使うんですが、数分で効果するということと、弾力があるという事、またシリコンに比べて安価なので使用してみたかったんです。
ただ、伸縮が大きいとか噂は聞いていますが…いかがなほどか。

型取り材 かたとって・工芸用 500g

DSC_4462.jpg

硬化したあと、そのままの状態で裏返して油粘土だけ取り出します。
離型剤(ワセリンなど)をシリコンの部分に塗り、もう一度「かたとって」を流しいれます。

裏面も硬化したら、枠を取り外し。

あぁ……これは酷い……部分で千切れちゃってます。
型から汗のように水が出てくる出てくる。
しかもちょっと爪が当たっただけで型が削れてしまう。
こういう像とかには不向きみたいです。

ただ、失敗はしているものの、失敗は成功の母という事で続けます。
空気穴とか足りない部分はカッターナイフなどで削り取り。

DSC_4464.jpg

レジン(白)を流してみた。
レジンの種類によるとは思いますが、硬化するときに40°程の熱を発します。
これによって固まるらしいのですが、
その熱でシリコンが縮んだようです。
結果……ひどすぎる。

DSC_4467.jpg

気を取り直して、今度はちゃんとシリコンを使用して製作。
Mr.シリコーン 1Kg VM001 【HTRC 3】

DSC_4471.jpg

結果は次回。

↓よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noguppo.blog.fc2.com/tb.php/35-0c1ace52
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。