上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先の記事では、すでに型から複製したもので磨く工程でしたが、
最初からの工程を記録していこうかと。

とりあえず、石粉粘土(ファンドなど)で原型を作成。
これは小学校の時の図工で作った紙粘土と製作要領は一緒です。

スタンダードに、アルミ線で人間の骨を作り、そこへファンドを盛っていきます。

ある程度形は意識しながら盛って → 乾燥

乾燥したらアートナイフで形を彫りだし、紙ヤスリ、鉄ヤスリで形を整えました。
このヤスリがけが大切です。
表面がツルツルになり、大きな穴も無いくらいにしておかないと、後に後悔します。


女神像_サイト用


次はこの原型では見えにくい、小さな傷を埋める作業ですが、、、次回へ続きます。

余談…この写真はNiconのJ1で撮影。
こんな像でも顔を認識してくれました。


↓よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noguppo.blog.fc2.com/tb.php/34-e5a8e75a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。