上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のブログで、完成したハウスを載せる予定でしたが…
教室から持って帰ってくるまではよかったんですが、何かのタイミングでオブジェの一つが取れてしまいました。
修正するまでアップは見送りですね…。
2、3日以内には修正はします。

今回の本題。
ガラスの彫像をステンドグラスにオブジェとして追加したい…と思いつつも、
それなりの電気炉や窯や耐火石膏など、一般人にはすぐには手を出せない。
教室で相談してみようとは思いつつも出来ない時を考えて、レジンで作成してみようかと。


まず、複製したレジンキャストを用意。
数年前に購入したクリスタルレジンと、昨年作成した猫ちゃんの型があったので、複製を用意。
クリスタルレジンは、多くのレジン同様に紫外線で黄変(黄ばんだ感じ)になります。
今回のような屋内の置物に使う分には問題ないように思いますが、クリスタルレジン2であれば、黄変が抑えられているそうなので、そちらをお薦めです。


日新レジン株式会社 クリスタルレジン 300gセット
日新レジン クリスタルレジン2 スーパークリア 350gセット

複製したレジンをヤスリがけしたところ。
ヤスリは#300~#1000で行いました。
DSC_4404.jpg

次にコパウンドで磨きます。
コパウンドはカー用品で売られていますが、私は模型用のタミヤのを使用しました。
荒目(2回)→中目(2回)→仕上げ用(8回)と、バフを使ってひたすらに磨きます。

荒目で磨き終えたところ。
最初よりも曇ってますが、研磨されたという事でしょう。
DSC_4407.jpg

仕上げで磨き終えたところ。
なんとなーくガラスに見えないことも無い。
完全な透明になっていないのは、元々の型から凸凹があったのと、
その後のヤスリが足りなかったためだと思われる。
DSC_4419.jpg

型を取る時の素材自体をツルツルにしていると、こんな感じで更に透明に近くできます。
これはテストで行った人形の顔の複製。
DSC_4418.jpg

レジンでもガラスっぽく綺麗に見えるけど、そこはステンドグラスと同じ。
本物のガラスじゃないと、なんとなく安っぽくも感じるし、経年による劣化もあるかと。
出来れば焼成でガラスのキャスティングを行いたいけど…
これは教室の先生が帰国してから相談で。


↓よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noguppo.blog.fc2.com/tb.php/33-5e93bc77
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。