上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次に使うハウスの土台に、モザイクを使用したいと習作しました。

土台_習作

ガラスはハウスの壁。白いセメントによく似合います。
下は木の板(100円均一で購入したファルカタ)。
セメントは、世界堂で売っていた目地セメントと、ホームセンターで購入した通常のセメント(白)両方で試しました。
目地はガラスやタイルへの吸着力が強いように感じました。
通常のセメントは、一見目地セメントと変わらないのですが、なんというか柔らかい?
水分量でも違うのかもしれませんが。

その結果……
写真にも写っていますが端のセメントが剥がれ落ちました!

元々、セメントと木材は相性が悪いようです。
モザイクではセメントをよく使っていますが、あれは「木材へ接着したタイル、及びガラス」に対してセメントが吸着しているのであって、土台の木材への吸着は弱いようです。

で、ハウスへは白い部分を多用するので、モザイクと同じ考えでは難しそうです。
調べたところ…漆喰という建築の壁に使われる自然素材のものがよさそうです。
次回実験してみます。



にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noguppo.blog.fc2.com/tb.php/21-4737110d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。