上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.03.19 ハウスの屋根
屋根

ハウスの屋根を製作中。
今回はカットを綺麗に~を念頭に頑張ろう。


にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
次はハウスを作成する予定。
こんな感じ。

DSC_0001.jpg

jw_cadで作った設計図を等倍(A4)で印刷して、切り貼りしたもの。
この後、教室の先生に段ボール箱で作った方が完成に近いのでいいと聞きました。

2Fの部分の窓には装飾を施したいので、再びエッチングで作成してみることに。

まずは、レーザープリンターで白黒で描いた左右対称の絵を印刷。
黒い部分が腐食するときのレジスト(溶かさない部分)になります。
レジストに印刷を使うときはトナー。インクジェットではレジストにはならないらしい。

20130304_020359.jpg

印刷した面が内側になるように重ねて、トレーサーで寸分の狂いもないようにします。
トレーサーはこの為に買いました。5千円くらい。漫画とかイラスト描く人が使うみたい。ハンズでも売ってました。無い時は電気で透かして重ねてもいいです。
綺麗に重なればテープで留めます。
この時、ビニールテープではこの後の熱処理で溶ける可能性があるので、マスキングテープを使用。

20130304_020324.jpg

合わせた紙の間に、真鍮板を入れます。
前回の蝶では0.3mmで結構弱くなったので、今回は0.5mmの板を使用。
これもハンズで売ってました。

20130304_020813.jpg

挟み込んだ後、熱と圧力を加えて、トナーを真鍮板に写します。
私の場合、ラミネーターと、家庭用アイロンの二つを駆使しないと写りませんでした。
参考にしたサイトだと、ラミネーターだけで写ったという人とかいましたね。
きちんと転写できると、こんな風に紙ごと真鍮板に張り付きます。

20130304_025359.jpg

黒の部分だけ残すために水洗い。
水につけながら、親指の腹で撫でるようにすると紙は剥がれていきます。
こんな感じ。

20130304_032327.jpg

どうも真鍮板がまっすぐでないと、こんな感じで黒い部分が綺麗に転写できてない。
ここは油性のサインペンで黒く塗りました。

20130304_025346.jpg

40°で湯煎した腐食液に2~3時間浸し続け綺麗に溶けました。

20130304_192500_4.jpg

以前作った四面ランプと同じイメージで作るので、図柄はアールヌーヴォーっぽいイメージで書きました。
ハウスの次は、可愛いガーリーな感じか、ゴシックとかがいいかも。

after.jpg


腐食液自体は400円とか安かったのですが、色々道具をそろえてると1万円は投資した気がします。
腐食液、後処理用薬剤(消石灰、重曹、セメント)以外は、何かしら工夫すれば家にあるものだけで出来そうな気も・・・。

・トレーサー
・ラミネーター
・アイロン
・レーザープリンター


にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。